記事内に商品プロモーションを含む場合があります ファッション・身だしなみ

20代男子が実践している身だしなみのケア方法とアイテム

第一印象が良ければ何かと得する。鏡に映る自分の姿が整っていれば自己肯定感も上がるし、外見に投資するのはコスパが高いと思う。

今回は、22歳の自分が実践している身だしなみのポイントと、使っているアイテムをまとめる。

 

低コスト化と無臭化で無理なく続ける

外見への投資で意識しているのは低コスト化と無臭化。

ここでいうコストは、価格と手間の2つ。お金にそこまで余裕がない中で、購入費用を抑えて毎日続けられるかが一番大事。

次に無臭化。

自分自身が発する臭いや住環境の臭いは、自分では中々気づきにくい。そこに匂いが強い洗剤やワックス、香水を投入してしまうと、下手すれば臭いが混ざってしまって大惨事になりかねない。

それに不快な臭いを消し切ったとしても、自分にとって良い香りが他人にとって良いものとは限らないから難しい。

実現性と他人へ与える不快感を考えると、無臭が最も実現しやすい状態なんじゃないかという考えに行き着いた。その考えに基づいて、できるだけ嫌な臭いを抑えるケアや無香料のグッズを使うようにしている。

 

ノーアイロンシャツ

ビジネス用のシャツはいつでもパリッと清潔な状態を保っていたい。だけど保つために必要な労力が多すぎる。毎日アイロンかけるのは自分にとっては苦行。

ノーアイロンシャツはその名の通り、アイロン清潔な印象を常に保ってくれる。

元々の購入動機は洗濯の手間をなくすことだったけれど、仕事中の清潔感の維持に大きく貢献してくれていることを実感した。技術の進歩って素敵。

 

ベージュのインナー

インナー透けちゃう問題の解決策はこれ一択。

夏はエアリズム、冬はヒートテックのベージュカラーで統一すればオールシーズン対応可能。

インナーはユニクロ、GU、グンゼあたりを試してみたけど、価格・着心地・機能性の総合力でユニクロに勝るものは無い。ただ、着心地を特に重視するならグンゼも選択肢に入る。

 

デオドラント

男の汗は臭い。どうあがいても臭い。しかも自分では意外と気づきにくいから困る。そんな厄介な問題を解決してくれるのが制汗デオドラント。

自分は暑がりで汗っかきなこともあって、汗臭さには悩まされてきた。大学時代に色々試してたどり着いたのが、資生堂のエージーデオ24メン。毎日入浴後に両脇、首回り、胸元に塗りたくっている。

エージーデオ24メンは男の臭い対策に特化したモデルで、汗臭さから加齢臭までの様々な臭いを軽減してくれる。デオドラント本体が無香料なのもうれしいポイント。

実際に使ってみた感想としては、自分自身が認識できる限りでは丸一日ほぼ完全に無臭。家族や友人に確認してみても、臭い特にしないとのコメントが返ってきたので、客観的に見てもたぶん大丈夫だと思われる。

制汗性能はそこそこで、一定レベルを超えると普通に汗は出る。その代わり消臭性能が優秀で、出てきた汗の臭いがかなり抑えられている感じ。

コスパはかなり良い部類。毎日使っても1本で数か月は持つ。Amazonでは2本セットが頻繁にセールにかかるから、まとめ買いするのがオススメ。

 

洗顔グッズ

洗顔グッズはUNOシリーズの洗顔料とクリーム。安価で調達しやすく、ラインナップも豊富だから肌の悩みに合わせて選びやすいのが利点。

洗顔料はホイップウォッシュ。普段はテカリ肌を防ぐブラック、乾燥が気になる季節はモイストを使う。どちらも肌への負担が少ないスクラブなしタイプを使っている。

洗顔後のケアはオールインワンクリーム。その名の通り、化粧水や乳液が全てまとまっているクリームで、洗顔後はこれを塗るだけでOK。

まさにオールインワンはスキンケア入門者や面倒くさがりへの救済アイテム。

BBクリーム

顔色を補正してくれるクリーム。日焼け止め機能がくっついていることが多い。

就活の面接対策の一環として使いはじめ、今でも時々使っている。

目のくまやニキビ跡といった顔面のマイナスポイントを減らして、顔面の色も明るく健康的に外見を良く見せることができる。

 

ただし注意点が2つ。

1つ目は、クリーム自体の色あいや塗り具合で、メイクがバレバレの顔色になってしまうこと。

塗った場所がすぐわかってしまい、自然な仕上がりになりにくい。製品によって色がまちまちだから、比較サイトやテスターを使って、自分の肌色に馴染むかを確かめてみるといい。

2つ目は、汗をぬぐった時の色移り。

BBクリームは基本的に汗に強いつくりにはなっているけれど、限界はある。

汗をシャツの袖やハンカチでうっかりぬぐってしまうと、流れ出たクリームの色が付いてしまう。水だけでは簡単に落とせないから、つけている日は一日中気を遣わないといけない。これが地味に面倒。

対策としては、ここぞというときに最小限の量を最低限の場所に使うこと。大切な人と会うときとか、面接や会議のときに使うくらいの意識でいれば十分。

ヘアスタイル

ここは好みが分かれるところではあるけれども、楽に清潔感を保てることを第一に考えるとアップバングとショートヘアの組み合わせが最適だと思う。

大学2年まではマッシュヘアにしていたんだけど、髪型のキープが面倒だったのが自分にとっては辛かった。マッシュはおでこの汗が前髪に付くと割れてしまうのが汗っかきな身としては致命的で、向かい風や強風に怯える日々に嫌気が差したから前髪を上げるショートヘアに切り替えた。

マッシュからショートヘアにして感じたメリット、デメリットは以下の通り。

メリット

・ヘアセットが楽

・ワックスなしでも清潔感を維持しやすい

・雨風、汗に強い

・洗顔がしやすい

デメリット

・賞味期限が短い(ヘアカットの回数が多くなる)

・髪型のバリエーションが出しにくい

実用的な面で優れていることが多い代わりに、髪型を維持するためにヘアカットの回数は多くなりがち。ある程度髪が長ければヘアセット次第でごまかしがきくものの、ショートヘアはそういった芸当が難しい。

結局は好みだから、今の髪型に飽きた、というときに検討するぐらいがちょうどいいかもしれない。

 

整髪料

主に使っているのはワックスとヘアスプレー。たまにジェルも使う。ちなみに髪質はやや硬毛寄りで、癖っ毛は特にない。

ワックスはデューサーの4番とオーシャントリコのクレイを気まぐれで使い分けている。スタイリングのしやすさ、そして香りはオーシャントリコ、シャンプーでの落としやすさはデューサーに軍配が上がる。

ヘアスプレーは高校からずっと使っているVO5の無香料タイプ。

ジェルは柳屋の大容量タイプ。コスパ高いので就活生におススメ。実際に自分の就活ではこれをずっと使っていた。

 

ヘアケア用品

ドライヤー

ドライヤーはAmazonで安かったコイズミのやつを使っている。ヘアセット用の風量が出せるモデルなら、よほどの高価格帯でない限りは仕上がりはあんまり変わらないんじゃないかって気はしてる。

バリカン

もみあげと襟足のセルフカット用。ショートヘアは髪が伸びてきたときにセットでのごまかしがききにくいから、素人が出来る範囲だけでも手入れしてあげれば、髪型の寿命を多少延ばせる。

今のバリカンはAmazonの怪しい格安中華製品を使っているんだけど、特に不便を感じることなく普通に使えている。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは多種多様で、プレートのサイズや対応温度が色々と違う。

自分が使っているのは、Areti(アレティ)のi628。今年で保証期間が切れる3年目に突入したから、今後どれだけ使えるかちょっと心配。

i628の特徴はプレートの細さと加熱時間の短さ。

ショートヘアでも使いやすい細めのプレートだから、ショートヘアが多いメンズ向けの仕様になっている。

加熱時間はかなり短くて、起動してから約30秒未満で設定温度まで加熱してくれる。時間のない朝でもガンガン使っていけるのが強い。

 

筋トレ

大学4年の就職先が決まった時期から筋トレを始めた。目的は体型維持・姿勢矯正・メンタルケアの3つ。ムキムキになりたいわけではなくて、今の体型を維持しつつ身体のスペックを上げたいイメージ。

2~3日おきに約15分程度の運動を、朝の支度のルーチンに組み込んで実践している。

ただ筋トレするだけじゃ効果は薄いから、タンパク質が多く摂取できる食事をすることも意識している。納豆、豆腐、サラダチキンを食べることが多い。

ただ最近は、摂取効率やコスパを考えるとプロテインに切り替えてもいいんじゃないかと思い始めている。

今のところ一番効果があったと思うのはメンタル面で、頭がスッキリして集中しやすくなったり、ネガティブな気持ちになることが少なくなったりした気がする。今後も継続して、肉体的な変化に注目していきたい。

 

実は以前も筋トレを続けようと取り組んでみたことはあったけど、全て挫折してしまっている。

今回続けることができている一番の理由は、ヨガマットの導入。柔らかい床の上でトレーニングすれば手やひざが痛くなりにくく、辛いと感じる要素が軽減されたことに効果があったと思っている。

Amazonで探せば安いヨガマットがいっぱい見つかるから、これから筋トレ習慣を始めようと考えている人は買って損なし。ただ、厚みが薄すぎるマットだと痛みが緩和されにくいらしいから注意。自分は楽天のセールで、2000円前後で購入した。

ヨガマット 10mm TPE
created by Rinker

 

眉毛セット

眉毛は顔の印象に影響を与えやすいから、身だしなみに大きく関係する箇所。生やしっぱなしは野暮ったく見えてしまう。

ちなみに自分の眉毛は太めかつ濃いめだから、適度な太さと毛量にすることを意識している。

使っているのはギャツビーの眉毛調整ツール。時々薬局に置いてある。必要なものが全て揃っているから、まずはこれを買えば間違いない。

 

無理なく続けられる身だしなみのケアを

身だしなみのケアは、すぐに効果が表れるものとそうでないものがある。

後者の代表例が肌質。肌の変化は数年経過してやっとわかるものだから、付け焼刃的な対策では意味をなさない。手遅れになる前に、毎日続けられるようにすることがまずは大切だと思っている。

自分の身体の状態に合わせてケアを変えることも必要。働きはじめて一か月が経過したけれど、自分の気づかないところで心身の負担が肉体に現れているかもしれない。明るく清潔な印象を保てるように、自分の身体を大事にしたい。

ここで紹介したアイテムのいくつかは、新生活で買って良かった物にも載せているので、是非チェックしてみてほしい。

 

-ファッション・身だしなみ