記事内に商品プロモーションを含む場合があります ファッション・身だしなみ レビュー記事 生活・ライフハック

【無印良品 肩の負担を軽くする撥水リュックサック レビュー】ずっと使いたいと思えるリュック

大学生活のお供として

程よいサイズと容量。シンプルなデザイン。求めやすい価格。

まさに「ちょうどいい」を体現したような無印のリュックサック。

この商品を買うまでは、大学では大容量タイプのリュックを使っていた。ただ、自分の使いかただと大きすぎるし、機能も過剰だと思ったので、コンパクトでスッキリしたデザインに魅力を感じてこのリュックに乗り換えることにした。

乗り換えて2年が経過したので、使用感などの感想をまとめたい。

商品スペック

価格

税込で2,990円。負荷軽減や撥水機能がついてこれは安い。後述する耐久性も考えるとコスパは高い。

素材

素材はポリエステル製とコットン製の2種類があり、ポリエステル製を購入した。
素材に安っぽさは感じない。激安カバン特有のテカリやチープなプラスチック部品といった、ネガティブな要素は見られない。

デザイン

デザインはコンパクトでミニマル。シンプルなものを求めている人には惹かれるものがあると思う。ジップ部分が見えないように工夫されているので、スッキリした印象を受ける。状況を選ばずに使える汎用性の高いデザイン。

収納

収納は、メイン・サブ・PC用・サイドのポケットで構成された、非常にオーソドックスなもの。ポケット内部の仕切りはなく、一つ一つの容量は大きめだと思う。

 

本当にごく普通のカバン。

2年使ってみた感想

結論から言うと素晴らしいの一言。社会人になってもずっと持っておきたいアイテムだった。

[box02 title="使用環境"]<通学>
・電車とバス(満員ではないがちょっと混む程度)

<大学の基本的な持ち物>
・筆記用具
・テキスト類(数cm程度の厚さを数冊持ち運ぶ)
・財布
・モバイルバッテリー
・ワイヤレスイヤホン
・13.3インチノートPC(時々)[/box02]

劣化具合

内外装ともに、使用感は感じられないほどのきれいな状態を保っている。生地の擦れやテカリ、縫製のほつれも一切なし。耐久性は非常に優れているといえる。PCポケットのゴムや、ジップの滑らかさも健在。

2,990円でここまで頑丈なのはすごい。

収納の使い勝手

どの収納も合格点は超えていて、困ったことはない。ただ、仕切りがメイン収納のPCポケットしかないので、小物を多く入れる人にとっては多少物足りなさを感じるかもしれない。そのぶん一つ一つの収納が大きめなので、バッグインバッグ運用も検討の余地あり。

最も気に入ったのは、背面右側にあるファスナー。これはPCポケット部分にアクセス可能で、リュックを背負ったまま物を取り出せる。貴重品入れとして重宝するんだけど、物を入れてても背負った時の感触が変わらないことに驚いた。
同様の機能を持ったリュックは探すといろいろ見つかるけど、物を入れて背負ったときに感じる違和感(異物感?)が限りなくゼロに近いのはこのリュックが初めて。

使用感を損なうことなく機能を存分に使えるという点は、このリュックの大きなポイント。個人的には、肩の負担を軽くする機能と同等の魅力があると思う。

絶妙のサイズ感

持ち物全部入れても余裕がある。

 

少なくとも、文系大学生にとって絶妙のサイズ感だと思う。
曜日によってテキスト量の違いはあれど、テキスト含む持ち物一式が余裕で入る。詰め込んだ時点でまだ3~4割程度スペースが残っているため、急に荷物が増えても大体の状況には対応できる。

保護ケース込みで13.3インチノートPCが入る。(黒いリングフックの後ろ)

 

13.3インチのノートPCが入るのもうれしい。保護ケース込みだとピッタリ~ギリギリぐらいになるものの、無理をせずに入れることができる。

あと、程よくコンパクトなサイズだから電車やバスの中でも周囲に迷惑をかけずにリュックから物の出し入れができる。以前使っていたリュックはボックス型の大容量タイプだったから、混雑時には気を使わないといけないこともあった。どこでも気兼ねなく使えるのは高ポイント。

身体に感じる負荷

商品名で疲れにくいと銘打っているが、使ってすぐに分かる・感動するレベルで分かるというわけではない。荷物が多いときはそれなりの重量感を感じるから、魔法のカバンというわけでもない。

ただ、これ以前に使っていたリュックで通学していた時よりは、「荷物が重たいなぁ...」と感じることは少なくなったと断言できる。背負ったときに感じる重さは変わらないけど、肩への負荷のかかり方が少ないおかげで、疲れを感じにくくなっている。

負荷の軽さは、別のリュックからこの無印リュックに変えたときに、相対的に感じられるものだと思う。移動が多く、頻繁に荷物を移動するシチュエーションでより実感できるだろう。

総評

見た目は何の変哲もないリュックサック。実際に2年間使ってみると、良いところづくしで、社会人になっても使い続けたいと積極的に思わせてくれるアイテムだった。

悪いところが無いかとあら捜ししてみたけど、忖度なしで欠点が本当に見つからない。レビュー記事としてはある意味困るタイプの商品。強いて言うなら、仕切りが少ないから小物入れを多用する人は物足りないということぐらいかもしれない...

大学用のカバンとしてはもちろん、リュックサックが欲しいと思っている人にはまず真っ先にこれをおススメしたい。

2020年モデルでは、メイン収納の仕切りとキャリーバー用ベルトが追加。さらに使い勝手が向上。

-ファッション・身だしなみ, レビュー記事, 生活・ライフハック